2年かかった家探し、夢のマイホームは新築注文住宅

マイホーム探しに2年かかり、ようやく念願の新築注文住宅のマイホームを手に入れることができました。

このまま一生、希望のマイホームはみつからないのでは?と思った時もありましたが、絶対に自分達に合う住宅はみつかります。

内覧を何度か重ねていくうちに、ゆずれない所、妥協してもいいと思える所がみえてきます。

うちは今後、住み換える予定はないので、家から徒歩圏内にスーパーやドラッグストアなど、将来高齢になり車を持たなくなったとしても、生活していける場所、というのが絶対ゆずれない条件としてみえてきました。

例えば、極端ですが家の間取りや内装などはリフォームや工夫次第で何とか出来ますが、まわりの環境は自分達ではどうにも出来ません。暮らしやすい街かどうかは生活に直結しますので、住環境は妥協しない方が良いと思います。

2年かけて探したかいもあり、新築の注文住宅を手に入れることが出来ました。特に新築にこだわってはおらず、中古や建て売りも視野に入れていましたが、2年間根気強く付き合ってくれたハウスメーカーさんが物件を一番にうちに紹介してくれました。

マイホーム探しはゴールの見えない旅です。けれどどんなに時間がかかっても自分達の生活スタイルに合った場所を根気強く探すことをおすすめします。

ようやく念願の新築注文住宅のマイホームを手に入れることができた今、休日は主人と家で過ごすことが増え、庭の手入れをしたりと以前より会話も増えましたので、一戸建てにして良かったと心から思います。