新築の注文住宅で癒しをもらう

以前のマイホームで辛いと思っていたこととして、浴槽で足を伸ばすことができないということです。それは、マイホームの中で一番リラックス出来る場所と思っているのでとても残念に感じていました。マイホームでは、疲れを取れる場所としたいですね。

そこで、家つくりの時に是非とも浴槽を足を伸ばすことができるように新築の注文住宅で考えることにしていました。浴槽が広いと、家の光熱費がかかるのではと心配をしたこともあります。しかし家の光熱費の中で、水道代は一番安いのです。癒しを貰うことができるのなら、それはやすいことではないかと思うようになったのです。

そこで新築の注文住宅では、ユニットバスで浴槽の広いものを選択することにしました。足をしっかり伸ばすことができて、とてもいいです。新築の注文住宅を作った時にその場所が一番の自慢と思えるほど気にいっています。

お風呂はやっぱり浴槽に浸かるほうがいいですね。健康のためにも、浴槽に浸かり毎日の疲れをとっています。