今の時代はプレカットが良い

注文住宅を作る時に,どんな作業があるんだろうと思っていました。そんな時、大工さんの作業をぐっと楽にすることができるプレカットという内容があることを知りました。プレカットの作業にすることにより嬉しいこととして工事をする期間を短くすることができるようです。そのことは、とてもありがたいと感じました。プレカットの手段にして、助かりました。早めに出来上がり、大満足です。ここでは、その自慢の我が家の注文住宅の良さについてご紹介します。

・耐震性がある注文住宅

最近では、地震が多いのでとても気をつけることが大切ですね。しかし私たちに出来ることは、限られています。そこで、注文住宅だけは安心して暮らせるような仕組みにしてほしいと思っていました。我が家の注文住宅は、もちろん耐震性を兼ね備えて住宅となっています。そのことから、地震に強いのでとても安心と感じました。耐震性のある住宅は、必須と思っています。

・防火機能のある住宅

地震と同じように考えることとして、防火対策があります。防火についても、冬などはとても重要視することが大切ですね。そのことからも、防火機能を兼ね備えた住宅を作ることにしました。説明を受けたのですが、あまりよくわからないまま住んでいます。しかしそのような住宅ということで、安全であると自負しています。

・庭が自慢

私の家の場合は、一番に庭が自慢です。その庭は、なんといっても広いのです。広い庭であることで、木々を植えることができました。そして通常なら、芝生を植えるところですが、芝生の場合はその維持が大変ということを知っているので、やめることにしました。芝生の間から、草が生えることがありそれの対処が大変なのです。夏にそれを対処していると、熱中症になるかもしれないのでやめることにしました。

また庭の自慢としては、一部タイルにしたことです。庭が簡素だとなんとなく面白くありません。そこで、庭の木々の緑に合うタイルの色をチョイスしています。タイルは、庭の一部を敷き詰めることにしました。本当は、全部したかったのですが予算の関係で一部だけとしています。タイルにすることにより、高級感を出すことができます。

雨が降った時に、土のままだと流れて汚れてしまうことがありますがそれをタイルがあることにより防ぐことができています。庭と連携させて駐車場も一部タイルを使って作っています。庭から繋がるタイルの色がとても綺麗です。