家族の新築を信用できる工務店に依頼

家族の思いを形にした新築を建ててくれることが期待できる施工会社が工務店です。施工会社にはハウスメーカーや設計事務所などもありますが、こういったところよりも工務店の方が家族の思いを形にしやすい特徴があります。

それだけでなく、新築を工務店に依頼するメリットがいくつもあります。

工務店が家族とこんな家に住みたいという新築を建ててくれる理由は、自由度が高いからです。

工務店といっても、大工さんが数人の小さなところ、大工さんが多い大規模なところ、フランチャイズ加盟店などがありますが、どこも自由度が高いことが特徴です。

ハウスメーカーは、いくつか用意されているプランから選ぶスタイルが多いです。一からすべてを考えたり、理想の家の形がはっきりしていない場合、プランから選べると迷いにくくて助かりますが、こんなキッチンを作りたいなどやりたいことがあっても、ハウスメーカーではそれに対応できないことがあります。

一方、工務店では内装、外装、資材、設備など自由に選ぶことができます。こだわりのある家を作りたい方や、やってみたいことがある方に向いているといえるでしょう。

工期はハウスメーカーに比べて長くかかります。ハウスメーカーでは資材を工場で加工して、現場で組み立てを行っているので、工期が短い傾向があります。工務店の場合だと、30坪の2階建てを完成させるのに大工さんが90人がかかりで3か月ほどです。もう少し規模が小さい工務店だと、4~5か月ほどかかります。また、工期は家の規模によっても変わります。

やや工期が長いものの、腕のよい大工さんにあたれば品質の良い家となることでしょう。大工さんの技術力が問われます。

アフターフォローが充実している点もメリットです。

街の小さな工務店は信用を大切にしていて、何かあったときにすぐに駆けつけることで信用を得ていくことができます。地域に密着している信用を置ける工務店であれば、何かあったときにすぐに駆けつけてくれることが期待できます。長く住む家なので、問題が発生したときにすぐに駆けつけてもらえると思うと安心できます。

価格面ではハウスメーカーと同じような家を建てるなら、工務店の方が費用を抑えられる可能性があります。ハウスメーカーでは大々的に広告を行っていて、その分のコストが家の価格に反映されます。工務店では大々的な広告活動を行っていないため、その分のコストを削減できて、家の価格を抑えることができます。